コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィラリア症 フィラリアショウ

栄養・生化学辞典の解説

フィラリア症

 糸状虫症,糸状虫感染症ともいう.フィラリアの感染によって起こる症状で,熱発作,乳び尿など.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

フィラリアしょう【フィラリア症】

バンクロフト糸状虫・マレー糸状虫の感染によって起こる慢性疾患。熱帯・亜熱帯に多くみられる。アカイエ蚊・ヤブ蚊などにより媒介され、リンパ系に寄生して局所の浮腫・象皮症・乳糜にゆうび尿などを起こす。糸状虫症。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィラリア症
フィラリアしょう

バンクロフト糸状虫症」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィラリア症
ふぃらりあしょう
filariasis

糸状虫(しじょうちゅう)(フィラリア)のうち、とくにバンクロフト糸状虫とマレー糸状虫の感染、寄生による疾患で、フィラリア病ともいわれる。成虫は循環系(血管系とリンパ系)に寄生し、ほとんど移動しないが、孵化(ふか)直後の幼虫(ミクロフィラリア)は活発に運動し、毎日一定時刻に末梢(まっしょう)血管中に移動する。これを定期出現性といい、バンクロフト糸状虫では夜間10時ごろから翌朝4時ごろまで出現するので、この時刻以外に採血しても検出できない。
 バンクロフト糸状虫は熱帯から亜熱帯にかけて広く分布し、おもにアカイエカおよびネッタイイエカによって媒介される。この場合は初期の急性症状として熱発作(俗に「くさふるい」という)のほか、リンパ節炎、リンパ管炎、精巣炎、丹毒様皮膚炎などが現れ、慢性期には下肢の腫脹(しゅちょう)、陰嚢水瘤(いんのうすいりゅう)、乳糜(にゅうび)尿のほか、象皮病が認められる。これらの症状は1年以上にわたってみられる。
 これに対してマレー糸状虫は、インド、東南アジア、中国南部、朝鮮半島南西部に分布し、おもにトウゴウヤブカによって媒介される。この場合は乳糜尿がほとんどみられず、象皮病も四肢末端に限られる。日本では近年カの駆除対策の結果、感染者は著しく減少している。なお、熱帯地方には、皮膚にかゆみや脱色素斑(はん)を生ずる回旋糸状虫(オンコセルカ)症や昼間定期出現性をもつロア糸状虫症などもある。
 治療としては、保虫者に対してジエチルカルバマジン(スパトニン)を投与する。予防としては、保虫者への薬剤投与とともに、媒介するカの殺滅を目的として発生場所に殺虫剤の散布を行う。[松本慶蔵・山本真志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフィラリア症の言及

【象皮病】より

…皮膚が全体に肥厚し,浮腫性で,表面がざらざらになり,象の皮膚を思わせる外観を呈するものをいう。ふつうフィラリア症に伴う皮膚変化を指すが,手術や外傷後のリンパの鬱滞(うつたい)に基づく類似の変化にも用いられることがある。フィラリア症は吸血昆虫を中間宿主とする糸状虫感染症で,日本では九州地方の風土病としてみられたが,近年は著しく減少した。…

※「フィラリア症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィラリア症の関連キーワードキャンベル(William C. Campbell)WHOによる糸球体疾患の分類パトリック マンソン顧みられない熱帯病リンパ系フィラリアミクロフィラリアリンパ系糸状虫症エバーメクチンイベルメクチンチモール糸状虫伝染病予防法リンパ性浮腫キャンベルリンパ浮腫届出伝染病吸血動物荒木初子イエカ駆虫薬風土病

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィラリア症の関連情報