コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンパ腫

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンパ腫
りんぱしゅ

リンパ細胞腫ともいい、狭義にはリンパ球あるいはリンパ芽球からなる限局性の腫瘍(しゅよう)であるが、広義には、リンパ節がはれたまま慢性に経過し、しかも組織診断が判明するまで、総称して用いられてきた。リンパ腫という限り、それは炎症性のものではなく、自律増殖性をもったリンパ球の腫瘤(しゅりゅう)形成性変化を意味するもので、悪性リンパ腫に大半のものは含まれる。リンパ節にリンパ球原発の良性腫瘍がないため、この用語は紛らわしく、あまり用いられなくなった。[伊藤健次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リンパ腫の関連キーワード進行性鼻壊疽(ウェゲナー肉芽腫症/非腫瘤型T細胞リンパ腫)慢性活動性EBウイルス感染症エプスタイン高尿酸血症をおこす血液疾患造血器腫瘍のDNA診断後天性免疫不全症候群正球性正色素性貧血非ホジキンリンパ腫ブリル=シマーズ病紅皮症のおもな原因成人T細胞白血病ミクリッツ症候群アスパラギナーゼ皮膚悪性リンパ腫ビンブラスチンEB ウイルス白血病ウイルスブレオマイシン造血幹細胞移植多発性骨髄腫

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リンパ腫の関連情報