コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン青銅(燐青銅) りんせいどうphosphor bronze

翻訳|phosphor bronze

世界大百科事典 第2版の解説

りんせいどう【リン青銅(燐青銅) phosphor bronze】

青銅の一種。青銅の脱酸にリンを用いて合金の中にほとんどリンが残っていないもの,スズ10%以下の青銅に多少リンを加えてリンが残るようにしたもの,スズ10%以上の青銅に0.05~0.5%のリンを加えたものがある。前2者は展伸材として,後者は鋳物用として使用される。スズ8%,リン0.03~0.35%のリン青銅はおもに板に加工され,すぐれたばね材料として広く使われている。また,リン青銅鋳物は耐食性に加えて,硬さが大で耐摩耗性がよいので,機械部品や製紙用ロールなどに用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のリン青銅(燐青銅)の言及

【青銅】より

…現在でも軸受,パイプなどの鋳造に広く用いられている。リンを少量添加したリン青銅はスズが3~9%と少なめで,リンも0.03~0.35%程度の合金で,鋳物としても使われるが,展伸材として使われ,優れたばね材料。銅合金【大久保 忠恒】
[青銅彫刻(ブロンズ)]
 青銅は,その展性,可鍛性,鋳造に適した溶融点の低さや流し込みの際の流動性などによって先史時代以来,各種の道具,貨幣,美術工芸品の最も一般的な金属素材となった。…

【銅合金】より

…工業的に一般用の鋳物として使われるものには,スズ,鉛,亜鉛がそれぞれ約5%のもの,あるいは約3%,約7%,約9%のものがあり,また約10%のスズに約20%までの鉛を加えた鉛青銅鋳物は軸受材料として優れている。展伸材として使われるものとしてはリン青銅があり,冷間加工後,低温焼きなましを行ったときに優れたばね特性を示し,代表的なばね材料の一つである。また,リン青銅は鋳物としても使われる。…

※「リン青銅(燐青銅)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android