コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン青銅 リンせいどう phosphor bronze

翻訳|phosphor bronze

2件 の用語解説(リン青銅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン青銅
リンせいどう
phosphor bronze

青銅の溶製に脱酸剤として使うリン剤の使用量を普通より多くして,青銅中にリンが 0.03~0.35%残るように製造したものをいう。普通青銅よりも弾性,耐食性がよく,ばね材,機械可動部品に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン青銅
りんせいどう
phosphor bronze

銅‐スズ合金にリンを加えた固溶体合金。1854年フランスルールM. Roulzにより発明された。低スズの青銅をリン銅で脱酸しただけでリンが合金中に残っていないもの、10%以上のスズに1.5%までのリンを加えたもの、両者の中間のものの3種がある。ばね用のリン青銅は7~9%スズ、0.03~0.05%リンで、冷間加工および低温焼きなましを施して使う。[三島良續]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン青銅の関連キーワードブロンズ鏡銑燐青銅ピリン剤乳酸カルシウムレンチナン高血圧の人は、制酸剤の使用に注意リン青銅(燐青銅)《青銅の騎士》《青銅の基督》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン青銅の関連情報