コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン青銅 リンせいどうphosphor bronze

翻訳|phosphor bronze

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン青銅
リンせいどう
phosphor bronze

青銅の溶製に脱酸剤として使うリン剤の使用量を普通より多くして,青銅中にリンが 0.03~0.35%残るように製造したものをいう。普通青銅よりも弾性,耐食性がよく,ばね材,機械可動部品に用いられる。加工用リン青銅の組成はスズ 3.0~9.0%,リン 0.03~0.35%の範囲にあり,ばね材にはスズ7~9%のものが使われる。鋳物用はスズ,リンともに高くスズ 10~16%,リン 0.1~0.6%とする。湯流れはよいが偏析を生じやすいので,鋳造は金型を用い急冷する必要がある。スズ4~6%,リン 0.01~0.5%に鉛1~4%加えたものは切削性がよくなるので快削リン青銅といい,軸受,歯車,ねじ,ボルト,ナット,摺動部品などに用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン青銅
りんせいどう
phosphor bronze

銅‐スズ合金にリンを加えた固溶体合金。1854年フランスのルールM. Roulzにより発明された。低スズの青銅をリン銅で脱酸しただけでリンが合金中に残っていないもの、10%以上のスズに1.5%までのリンを加えたもの、両者の中間のものの3種がある。ばね用のリン青銅は7~9%スズ、0.03~0.05%リンで、冷間加工および低温焼きなましを施して使う。[三島良續]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リン青銅の関連キーワードダイヤフラム圧力計リン青銅(燐青銅)オシログラフリン(元素)標準ふるいヘリサート弾性圧力計伸縮管継手録音ヘッド長網抄紙機コイルばねベローズソケットコードープラグ銅合金洋白

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リン青銅の関連情報