リード効果(英語表記)Read effect

法則の辞典の解説

リード効果【Read effect】

電子衝撃や光子照射によって原子に二電子励起を起こさせたとき,自動電離が起きて励起状態にあった原子から放出される電子(速い電子)と,入射してエネルギーを失った電子(遅い電子)との相互作用によって速い電子が加速され,遅い電子はさらに遅くなる現象をいう.「衝突後効果(PCI効果)」という名称でも知られているが,機構が解明されるとこれは正しい表現ではないことが判明し,発見者の名によってリード効果と呼ばれることが多くなった.原子に二電子励起を起こさせたとき,原子から放出される速い電子と,入射してエネルギーを失った遅い電子との間に相互作用が働いて,速い電子が加速され,遅い電子はさらに遅くなると考えられたので「衝突後効果」という名称が与えられたのだが,実際には自動電離の際のエネルギー差が原因で,速い電子のエネルギーが高いほうへシフトするのである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android