コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーバス公爵 リーバスこうしゃくDuque de Rivas

1件 の用語解説(リーバス公爵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リーバスこうしゃく【リーバス公爵 Duque de Rivas】

1791‐1865
スペインの詩人,劇作家。本名Ángel de Seavedra。初期の作品には新古典主義的傾向がみられたが,フランスイギリスイタリアで亡命生活を送るうち,ロマン主義の洗礼を受けた。過激な自由主義を唱え,政治にも積極的に参加したが,亡命から帰国後,穏健さが加わる。スペイン演劇の《エルナニ》といわれる《ドン・アルバロもしくは宿命の力》(1835)でスペインにロマン主義旋風を巻き起こす。インカの子孫である闘牛士ドン・アルバロと侯爵の令嬢ドニャ・レオノールとの身分違いによる悲恋を描いたもので,プロット現実離れしているが,ロマン主義の典型的要素がふんだんに盛り込まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のリーバス公爵の言及

【スペイン演劇】より


[19世紀]
 新古典主義の形式主義に対する反動は,19世紀前半のロマン主義となって現れる。リーバス公爵,ガルシア・グティエレスAntonio García Gutiérrez(1813‐84),アルツェンブスクJuan Eugenio Hartzenbusch(1806‐80),ソリーリャなどがその代表的作家である。彼らは運命論者であり,また,好んで伝説や歴史に題材を求めた。…

【スペイン文学】より

…革命運動と激しい恋の末に夭逝したJ.deエスプロンセーダの,ドン・フアン伝説を扱った物語詩《サラマンカの学生》と,神秘的ともいえる深遠な詩語を操った孤独な夢想詩人G.A.ベッケルの《抒情詩集》は文学史に残る傑作である。演劇では1835年に上演されたリーバス公爵の《ドン・アルバロ》が,ビクトル・ユゴーの《エルナニ》のスペイン版ともいうべき,ロマン主義の勝利を決定づける作品であった。また,詩と演劇の両方においてロマン主義の寵児であったJ.ソリーリャの《ドン・フアン・テノーリオ》は,今日でも絶えず上演されているドン・フアン劇の名作である。…

※「リーバス公爵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

リーバス公爵の関連キーワードスターリング真珠岩市川団十郎中村歌右衛門エンケ彗星徳島藩中村歌右衛門伊藤惣兵衛ウィンチェスター海津幸一

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone