宿命(読み)しゅくめい

精選版 日本国語大辞典「宿命」の解説

しゅく‐めい【宿命】

〘名〙 (「めい」は「命」の慣用音) 生まれる以前から定まっている運命宿運。しゅくみょう。〔哲学字彙(1881)〕
侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉宿命「宿命は後悔の子かも知れない。━或は後悔は宿命の子かも知れない」
[補注]近代以前は仏語として「しゅくみょう」と読まれていたが、今日一般に用いられる「しゅくめい」とは意味にずれがあり、「しゅくめい」は明治開化期のいわゆる「新漢語」と思われる。

しゅく‐みょう ‥ミャウ【宿命】

〘名〙 (「みょう」は「命」の呉音)
① 仏語。宿世の生命。前世の生命。過去世での受報の差別・善悪苦楽などの総称。しゅうみょう。
※往生要集(984‐985)大文二「無量宿命之事、如今日所一レ聞、六道衆生之心、如明鏡所見像
※正法眼蔵(1231‐53)袈裟功徳「三明とは、天眼・宿命・漏尽なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宿命」の解説

しゅく‐めい【宿命】

生まれる前の世から定まっている人間の運命。宿運。しゅくみょう。「海に生きる宿命にある」「つらい宿命を負う」
[補説]書名別項。→宿命
[類語]宿運定め運命運勢命運天運天命巡り合わせ回り合わせ星回り命数暦数時運因縁

しゅくめい【宿命】[書名]

原題、〈イタリア〉Fatalità》イタリアの女流詩人・小説家、ネグリの処女詩集。1892年刊行。

しゅく‐みょう〔‐ミヤウ〕【宿命】

仏語。前世における善悪・苦楽などの状態。
しゅくめい(宿命)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宿命の言及

【運命】より

…一般に,人間に与えられた逃れることのできないさだめを意味する語。宿命とほぼ同義。ラテン語の運命は〈ファトゥムfatum〉だが,そのもとの意味は〈言われたこと〉であり,運命という考えは予言や言葉の魔力に対する信仰に裏づけられて発生したらしい。…

※「宿命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android