リービ英雄(読み)リービ ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

リービ英雄 リービ-ひでお

1950- アメリカの日本文学者,小説家。
1950年11月29日生まれ。16歳のときから日本にすむ。京大,東大の客員研究員をへて母校プリンストン大やスタンフォード大で日本文学をおしえる。平成6年法大教授。その間の昭和57年「万葉集」の英訳で全米図書賞を,平成4年日本語でかいた小説「星条旗の聞こえない部屋」で野間文芸新人賞。18年「千々にくだけて」で大仏次郎賞,21年「仮の水」で伊藤整文学賞。カリフォルニア州出身。本名はリービ・ヒデオ・イアン。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リービ英雄の関連情報