コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイジアード[諸島] ルイジアード

2件 の用語解説(ルイジアード[諸島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ルイジアード[諸島]【ルイジアード】

ニューギニア島南東沖合の島。パプア・ニューギニアに所属。タグラ,ミシマ,ロセルなどの火山島を主に周辺に広く堡礁が分布する。住民はパプア人。1606年トレスが来航。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルイジアード[諸島]【Louisiade Archipelago】

南西太平洋ニューギニア島南東端の東に位置する島群。パプア・ニューギニアミルン・ベイ州に属し,タグラ,ミシマ,ロッセルなどを中心に,多数の島や礁からなる。面積約1800km2,人口1万6496(1980)。山がちで,一般にマッシム人呼ばれる島民はサツマイモタロイモを多く栽培している。金を産出し,特にタグラ島ではほとんどの川すじで金が見つかったので,19世紀末ゴールドラッシュに見舞われた。主要な町はミシマ島のブワガオイア。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone