コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイーズ・ド・サボア Louise de Savoie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイーズ・ド・サボア
Louise de Savoie

[生]1476.9.11. エン,ポンダン
[没]1531.9.22. セーヌエマルヌ,グレシュルロアン
フランス,アングレーム公妃。サボイア公フィリッポの娘,フランソア1世マルグリット・ダングレームの母。 1488年アングレーム伯シャルルと結婚。フランソアの王即位後,政治に力を入れ,フランソアのイタリア遠征中 (1515~16) とパビアでの捕虜期間中 (25) と2度摂政をつとめた。 1523年姪のシュザンヌ・ド・ブルボンが死ぬと,その遺産の一部の相続権を主張し,シュザンヌの夫であるフランス大元帥ブルボン公シャルルを陥れ,フランソア1世の敵側である神聖ローマ皇帝カルル5世の陣営に走らせた。そのためフランソアはカルルの捕虜となった。次いで神聖ローマ帝国とイングランドとの離反を策し,29年マルグリット・ドートリッシュとともにカンブレーの和約締結に貢献した (貴婦人の和約) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ルイーズ・ド・サボア

生年月日:1476年9月11日
フランス,アングレーム公妃
1531年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ルイーズ・ド・サボアの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android