コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランソア François, André

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フランソア
François, André

[生]1915.11.9. ティミショアラ
[没]2005.4.11. フランス,パリ近郊グリジレプラートル
ルーマニア生まれのフランスの漫画家,グラフィック・デザイナー,イラストレーター。 1935年パリ美術学校に入学,さらにカッサンドルに学ぶ。 1940年イギリスに渡り,1945年帰国してから叙情的スタイルの漫画で注目される。国内よりも,『ホリデイ』『パンチ』『ニューヨーカー』などのイギリス,アメリカの雑誌に主として作品を発表。主要作品『わにの涙』『のんぶらり島』など。その他,絵本,ポスター,広告,挿絵の分野でも活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フランソア【Samson François】

1924‐70
フランスのピアノ奏者。ニースの音楽院を卒業後,パリのエコール・ノルマルでコルトーに,パリ音楽院でロンに師事した。1943年ロン=ティボー国際音楽コンクールで第1位を獲得し,以後国際的に活躍。とりわけショパン,リスト,ドビュッシー,ラベル,スクリャービンプロコフィエフらの作品において,彼の演奏は天才的な感覚の冴えをもって人々に愛され,心臓発作による急逝が惜しまれた。作曲も行い,プロコフィエフの影響のうかがえる《ピアノ協奏曲》(1950)などを残している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランソア
ふらんそあ
Samson Franois
(1924―1970)

フランスのピアノ奏者。コルトーに認められてパリ音楽院に進み、マルグリット・ロンなどに師事。1943年ロン‐チボー・コンクールで大賞を受け、第二次世界大戦後国際的な演奏活動に入る。56年(昭和31)初来日。ショパンならびにフランス近代音楽を得意とし、詩的直感力に訴えた即興的な演奏スタイルから、コルトーの後継者と目された逸材であったが、大成する以前に没した。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

フランソア

生年月日:1817年6月27日
ドイツの女流作家
1893年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

フランソアの関連キーワードカトリーヌ・ド・メディシスカトリーヌ・ド・メディシスコレージュ・ド・フランスアンヌ・ド・ブルターニュメアリー・スチュアートルイーズ・ド・サボアビレル・コトレ王令フォンテンブロー派アンボアーズの陰謀クレメンス[7世]メーヌ・ド・ビランプリマティッチオフォンテンブローエトアール凱旋門イラストレータープリマティッチョカンブレーの和約シャンボール城館エルゴティモスアルフォンズ島

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フランソアの関連情報