コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクセンブルク大公宮殿 ルクセンブルクたいこうきゅうでん

1件 の用語解説(ルクセンブルク大公宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルクセンブルクたいこうきゅうでん【ルクセンブルク大公宮殿】

ルクセンブルク大公国の首都ルクセンブルク(Luxembourg)旧市街中心部にある、ルクセンブルク大公の宮殿。現在、大公の執務のための宮殿と迎賓館として使われている。毎日10~18時まで2時間おきに計5回、近衛兵の交代式が行われる。正面に同国の国旗が揚げられているのは、大公が宮殿で執務中であることを表している。館内には代々の国王が集めた美術品や豪華な部屋などが保存されている。この建物は1418年に建設され、一時期は市庁舎として使われていた。その後火災で焼失し、1573年に再建されている。大公宮殿となったのは1891年である。大公宮殿の隣に国会(Chambre des Deputes)がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルクセンブルク大公宮殿の関連キーワード公国アルム広場ビアンデン城ボックの砲台マリエンブルク城エーデンブルクローテンブルク岩ルクセンブルク効果ルクセンブルク[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone