コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルスティカ rustica[イタリア]

世界大百科事典 第2版の解説

ルスティカ【rustica[イタリア]】

石造建築で,壁の表面を滑らかにせず,目地(継目)を際だたせたり,石材面を突出させたり,凹凸を目だたせて,荒々しく力強い表情をもたせる技法をいう。古代ローマ建築の一部にすでに現れていたが,ロマネスク時代の中部イタリアの城郭風邸宅に好んで用いられた。ルネサンス時代のイタリア全土でパラッツォに使われ,建築書などを通じてアルプス以北の諸国でも大いに愛好された。石材のみでなく,煉瓦造の壁のスタッコ仕上げにもしばしば適用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のルスティカの言及

【石積み】より

…目地が見えないよう,あるいは目だたないように密接させた平滑な仕上げを眠り目地,あるいは盲(めくら)目地という。逆に,目地を目だたせ,石積みらしさを強調したものをルスティカといい,日本の石積みでは,〈江戸切り〉〈こぶ出し〉と呼ばれるものがこれに当たる。石垣【桐敷 真次郎】。…

※「ルスティカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ルスティカの関連キーワードパラッツォ・コルネル・デラ・カ・グランデ道化師(レオンカバッロのオペラ)フランコ ゼッフィレッリパラッツォ・ルチェライパラッツォ・ベビラッカピエトロ マスカーニパラッツォ・ピッティジョン マコーマックアドルフォ サルコリグリシャ アサガロフサルコリ アドルフォパラッツォ・ベッキオエレナ スリオティスパラッツォ・メディチリュクサンブール宮殿チェリニョーラボスコレアーレピッティ美術館レオンカバッロホセ クーラ