コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルスティカ rustica[イタリア]

1件 の用語解説(ルスティカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルスティカ【rustica[イタリア]】

石造建築で,壁の表面を滑らかにせず,目地(継目)を際だたせたり,石材面を突出させたり,凹凸を目だたせて,荒々しく力強い表情をもたせる技法をいう。古代ローマ建築の一部にすでに現れていたが,ロマネスク時代の中部イタリアの城郭風邸宅に好んで用いられた。ルネサンス時代のイタリア全土でパラッツォに使われ,建築書などを通じてアルプス以北の諸国でも大いに愛好された。石材のみでなく,煉瓦造の壁のスタッコ仕上げにもしばしば適用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のルスティカの言及

【石積み】より

…目地が見えないよう,あるいは目だたないように密接させた平滑な仕上げを眠り目地,あるいは盲(めくら)目地という。逆に,目地を目だたせ,石積みらしさを強調したものをルスティカといい,日本の石積みでは,〈江戸切り〉〈こぶ出し〉と呼ばれるものがこれに当たる。石垣【桐敷 真次郎】。…

※「ルスティカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルスティカの関連キーワードスムージング洗い出し口を滑らす光沢機仕上げ鉋滑らか肌砂磨き丸太目止め毳焼

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルスティカの関連情報