コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルツーリ

百科事典マイペディアの解説

ルツーリ

南アフリカ共和国の民族運動指導者。ズールー族の首長の一人。1945年アフリカ人民族会議に加わり,1952年に議長となった。アパルトヘイト反対闘争を指導してしばしば逮捕され,晩年は政府監視下に置かれていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルツーリ【Albert John Luthuli】

1898‐1967
南アフリカ共和国の民族運動指導者。アフリカ人で最初のノーベル賞(平和賞)受賞者。ローデシア(現,ジンバブウェ)のソルシ伝道所で生まれ,ダーバンのアダムズ・カレッジの教師を務めた後,サトウキビ農園の監督官となった。1951年南ア政府のアパルトヘイト政策に反対してアフリカ人民族会議(ANC)ナタール支部長となり,反人種主義運動を展開したため,何度か自宅拘禁された。彼の非暴力主義,白人との協調に反対して59年にANC内の過激グループによって結成されたパン・アフリカニスト会議(PAC)が60年3月パス法に反対してシャープビル事件を起こし,ルツーリも逮捕された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のルツーリの言及

【シャープビル事件】より

…その集会に向け白人警官が一斉発砲し,69名が死亡,186名が負傷した。事件直後ANCのルツーリ議長も公然とパスを焼き捨て,多くのアフリカ人がこれに同調,南ア全土に騒擾(そうじよう)が起こり,政府は戒厳令を発布した。この騒擾でANCとPACの指導者2000名が拘留され,続く半年間に2万名以上が逮捕された。…

※「ルツーリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルツーリの関連キーワードパン・アフリカニスト会議ジェイティービー(株)医療ツーリズムサイクリング医療通訳

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android