コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルドルフ・カール ブルトマン Rudulf Karl Bultmann

20世紀西洋人名事典の解説

ルドルフ・カール ブルトマン
Rudulf Karl Bultmann


1884.8.20 - 1976.7.30
ドイツのルター派神学者,新約聖書学者。
元・マールブルク大学教授。
チュービンゲン大学で学び、1921〜54年マールブルク大学神学部新約学担当正教授。’51年同大名誉教授。教授就任直後、ハイデッガーと親交を持ち、実存哲学の影響を受ける。又、弁証法神学者として新約学会に影響を与えた。’21年に出版された「福音書伝承の歴史」は様式史的研究の古典となる。他に「イエス」(’26年)、「ヨハネ福音書註解」(’41年)、「新約聖書神学」(2巻、’48〜53年)などの著書がある。後にマールブルク大学を中心に新しい聖書解釈法が生まれ、ブルトマン学派が形成された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ルドルフ・カール ブルトマンの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門スベルドラップ(Johan Sverdrup)ドナルド ヘンダーソンアイヌ語安野光雅アンリ鎌田慧ゴダール(Jean-Luc Godard)佐佐木幸綱ファスビンダー

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android