コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバング[島] Lubang Island

1件 の用語解説(ルバング[島]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルバング[島]【Lubang Island】

フィリピンのマニラの南西約130km,ミンドロ島の北西20kmの南シナ海に浮かぶ小島。面積191km2。北西から南東に約30kmと細長い。北西部に開ける平坦地を除くと山がちで,南岸には急な海食崖が続く。降水量は必ずしも多くはないが,雨は南西モンスーンの影響をうけて5月から10月に集中してみられる。行政的には西ミンドロ州に属する。住民はタガログ族で,人口集中がみられるのは北部のティリック港とルバング町くらいである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ルバング[島]の関連キーワードつくばエクスプレスTXアルペンスキーボブスレースケルトンエルツ[山脈]蓋馬高原チャンフー・ダロ電離圏土佐湾

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone