コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバング[島] Lubang Island

世界大百科事典 第2版の解説

ルバング[島]【Lubang Island】

フィリピンのマニラの南西約130km,ミンドロ島の北西20kmの南シナ海に浮かぶ小島。面積191km2。北西から南東に約30kmと細長い。北西部に開ける平坦地を除くと山がちで,南岸には急な海食崖が続く。降水量は必ずしも多くはないが,雨は南西モンスーンの影響をうけて5月から10月に集中してみられる。行政的には西ミンドロ州に属する。住民はタガログ族で,人口集中がみられるのは北部のティリック港とルバング町くらいである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ルバング[島]の関連キーワードフィリピン

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android