コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルパーツ・ランド Rupert’s Land

1件 の用語解説(ルパーツ・ランドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルパーツ・ランド【Rupert’s Land】

1670年から1869年まで,北アメリカ大陸北半でハドソン湾会社の所領とされていた地域の総称。初代会社総督ルパート公にちなむ命名で,一度も測量は行われなかったが,アンガバ地方,レッドリバー流域,ハドソン湾岸,南・北サスカチェワン川流域を含んでいたとされる。ハドソン湾会社にはこの領域における通商の独占権が与えられたが,1867年カナダ自治領の成立とともに交渉が開始され,会社とカナダ政府の間では平和裏に領土委譲が行われたが,レッド・リバー植民地の住民は抵抗運動を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルパーツ・ランドの関連キーワードアメリカインディアン諸語アメリカバイソンアングロアメリカ北アメリカアメリカ杉アメリカン北米亜米利加アメリカ白灯蛾汎アメリカ主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone