コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルビヤック ルビヤックRoubillac, Louis-François

1件 の用語解説(ルビヤックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルビヤック
Roubillac, Louis-François

[生]1695/1705頃.リヨン
[没]1762.1.11. ロンドン
フランスの彫刻家。王立アカデミーで N.クストゥーに師事。 1732年頃イギリスに渡り最初トマス・カーター家に仕え,のち独立して多くの記念碑的な墓碑彫刻を制作した。主要作品『シェークスピア像』 (大英博物館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ルビヤックの関連キーワード桃林堂蝶麿公慶公慶前田利右衛門公慶淀屋辰五郎ベルヌーイ鴻池善右衛門(3代)徳川吉宗安保理決議1695と1718

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone