コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルブリン城 ルブリンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ルブリン‐じょう〔‐ジヤウ〕【ルブリン城】

Zamek w Lublinie》ポーランド東部の都市ルブリンの旧市街にある城。14世紀、ポーランド王カジミェシュ3世の時代にゴシック様式で建造。1569年にポーランドとリトアニアの間で成立した同君連合(ルブリン合同)の調印が行われた。第二次大戦中、ナチス‐ドイツにより政治犯を収容する牢獄として使われた。現在、城内は17世紀から19世紀にかけてのポーランド絵画、家具、調度品を展示する博物館になっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ルブリン城の関連キーワードルブリン強制収容所バベル城マルボルク城ワルシャワ王宮ワルシャワ旧王宮マルボルク

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android