コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルボーク lubok

1件 の用語解説(ルボークの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルボーク【lubok】

ロシア民衆版画のこと。ロシアに現れたのは17世紀以降であるが,木版の素材となる樹皮を意味するこの言葉が使われるようになったのは1820年代,風俗研究家スネギリョフによってである。最初は木版が,のちに銅版や石版が使われ,さらに手書きで彩色が加えられることもあった。転じてルボークはこの版画を挿絵とした廉価版の大衆向け文学をも意味する。題材は,聖書からの宗教説話や神話,暦や算数,地理学や天文学,歴史や文学,文字教科書,世態風俗や昔話などきわめて多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルボークの関連キーワード白ロシアロシア遠征コロシアム小ロシア白系ロシア人ヨーロッパロシア下ろし和え労農ロシア殺しあいロシアの恋人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone