コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルボーク lubok

世界大百科事典 第2版の解説

ルボーク【lubok】

ロシア民衆版画のこと。ロシアに現れたのは17世紀以降であるが,木版の素材となる樹皮を意味するこの言葉が使われるようになったのは1820年代,風俗研究家スネギリョフによってである。最初は木版が,のちに銅版や石版が使われ,さらに手書きで彩色が加えられることもあった。転じてルボークはこの版画を挿絵とした廉価版の大衆向け文学をも意味する。題材は,聖書からの宗教説話や神話,暦や算数,地理学や天文学,歴史や文学,文字教科書,世態風俗や昔話などきわめて多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルボークの関連キーワードヤガーばあさんラリオーノフゴンチャロワ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android