算数(読み)さんすう(英語表記)arithmetic

翻訳|arithmetic

デジタル大辞泉の解説

さん‐すう【算数】

数をかぞえること。計算すること。また、その結果得られた数。
「或る冀望の点に達す可きやの―を得ること難からず」〈福沢福翁百話
小学校教科の一。初歩の数学。数量や図形について基礎的知識を教えることを目標とする。昭和16年(1941)それまでの算術を改めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんすう【算数】

かぞえること。計算すること。また、損得などをはかること。 「其の子肆孫店に至つては-す可からず/東京新繁昌記 撫松
小学校の教科の一。数学の初歩を教える。1941年(昭和16)にそれまでの「算術」を改めた。
数学」に同じ。算学。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐じゅ【算数】

〘名〙 (「しゅ」は「数」の呉音) 数をかぞえること。物の数量をかぞえること。計算。さんすう。
※極楽国彌陀和讚(983頃)「生れ生るる人はみな 菩提不退の菩薩衆は 一生補処の其中に 算数も算へ知りがたし」 〔阿彌陀経〕

さん‐す【算数】

〘名〙 (「す」は「数」の漢音)
① かぞえること。計算すること。さんすう。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 特に、寺院で計数にあたる俗役。
※大乗院寺社雑事記‐応仁元年(1467)四月一四日「早旦自南政所節供。使算数一人」

さん‐すう【算数】

〘名〙
① (━する) かぞえること。計算すること。勘定。算用。さんじゅ。さんす。
※桂川地蔵記(1416頃)上「総京桂間之桟敷、并歩行見物衆無量無辺、不可思議算数、譬喩所及也」
※和俗童子訓(1710)一「ものかき、算数(サンスウ)を習はしむべし」 〔漢書‐律歴志〕
算学。計算術。
※塵劫記‐下・跋(1634)「算数(さんすう)の代に置けるや、誠に得難く捨て難きは此道なり」
※随筆・文会雑記(1782)三「春台は甚算数の理を窮られたり。中華より来れる書に算学統宗、算学啓蒙よりよきはなし」 〔北史‐刁沖伝〕
③ 計算した結果の数値。
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉六二「今後幾歳月を経て或る冀望の点に達す可きやの算数(サンスウ)を得ること難からず」
④ 小学校の教科の一つ。昭和一六年(一九四一)に、それまでの「算術」から改められた。〔学校教育法施行規則(1947)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

算数の関連情報