坂内(読み)さかうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂内
さかうち

岐阜県南西部,揖斐川町北西部の旧村域。伊吹山地東側にある。 1897年村制。 2005年揖斐川町,谷汲村,春日村,久瀬村,藤橋村の5町村と合体して揖斐川町となった。大部分が山地で,林業が主産業。多雪地で,南部にスキー場がある。一部は揖斐県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂内
さかうち

岐阜県西端、揖斐(いび)郡にあった旧村名(坂内村(むら))。現在は揖斐川町の西部を占める地域。旧坂内村は2005年(平成17)谷汲(たにぐみ)、春日(かすが)、久瀬(くぜ)、藤橋(ふじはし)の4村とともに揖斐川町と合併。旧村域は、揖斐川の支流坂内川流域にあたり、滋賀県に接する。いまもみられる妻入(つまいり)民家は、かつて近江(おうみ)(滋賀県)と関係が深かったことを物語る。岐阜市―滋賀県長浜(ながはま)市―福井県若狭(わかさ)町を結ぶ国道303号が通じ、近年では、道路の改良舗装やトンネルの建設により、交通事情は著しく改善された。主産業であった製炭は、昭和30年代から著しく衰えたため離村する者が相次ぎ、人口が減少。[上島正徳]
『『坂内村誌』(1988・坂内村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂内の関連情報