ルミフラビン

化学辞典 第2版の解説

ルミフラビン
ルミフラビン
lumiflavin

7,8,10-trimethylisoalloxazine.C13H12N4O2(256.26).フラビンがアルカリ性溶液中で好気的光分解して生成する.橙色の結晶.融点330 ℃(昇華).λmax 269,355,455 nm(ε 38800,11700,11800,水酸化ナトリウム).クロロホルムに可溶,水,普通の有機溶媒に難溶.溶液は緑色の蛍光を発する.その蛍光よりリボフラビンの定量をする.[CAS 1088-56-8]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android