ルロア・グーラン(英語表記)André Leroi‐Gourhan

世界大百科事典 第2版の解説

ルロア・グーラン【André Leroi‐Gourhan】

1911‐1986
フランスの考古学者,民族学者。パリに生まれ,リヨン大学教授,パリ大学教授を経て,1969年よりコレージュ・ド・フランス教授。1945‐63年には,フランス北部の洞窟遺跡群アルシー・シュル・キュールArcy‐sur‐Cureにおいて,きわめて科学的な発掘調査を行った。彼は,これら旧石器時代洞窟壁画の主題と洞窟内の地形との関連を詳細に調査分析することによって,ユニークな〈男女両性神話説〉を提出した。すなわち,壁画にあらわれる動物記号はすべて意味のあるグループとして組織されていること,そしてすべての動物と記号は男性的象徴もしくは女性的象徴であって,それらは互いに補足しあうように対置されていること,を主張したもので,彼によると洞窟全体は真の形而上学的体系であり,男女両性の対置にもとづく神話的体系であるとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のルロア・グーランの言及

【旧石器時代】より

…これまでにも,それは人間本来の芸術的表現であるとか,生活環境を美化するためであるとか,狩猟の収獲を記念するためとか,あるいはまた狩猟の成功を祈るための共感呪術を意味するものであるとかの諸説が発表されている。しかし,A.ルロア・グーランは65ヵ所以上の洞窟と,2000点以上の絵画と彫刻を再調査した結果として,野生動物はウマを中心とするAグループと,バイソンを中心とするBグループとに分けられること,そしてBグループはつねに洞窟の中心部に位置してAグループによって取り囲まれている事実を認めた。ルロア・グーランはそこから,Bグループは女性を,Aグループは男性を意味する動物群であると解釈し,この考えを進めて絵画以外の種々の記号をも男性と女性に区別した。…

※「ルロア・グーラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android