コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルージェ・ド・リール Rouget de Lisle, Claude Joseph

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルージェ・ド・リール
Rouget de Lisle, Claude Joseph

[生]1760.5.10. ロンルソニエ
[没]1836.6.26. ショアジールロア
フランスの軍人,詩人。 1792年ストラスブールに駐屯中,『ライン軍軍歌』 Chant de guerre pour l'armée du Rhin,のちのフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』 La Marseillaiseを作った。恐怖政治下に投獄され,釈放後『復讐の歌』 Chant des vengences (1798) を作曲。ほかに,小品,オペラがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ルージェ・ド・リールの関連キーワードラ・マルセイエーズ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android