ラ・マルセイエーズ(英語表記)La Marseillaise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラ・マルセイエーズ
La Marseillaise

フランスの国歌。もともと愛国者の歌で,1795年次いで 1879年にフランス国歌に制定された。 1792年工兵士官 C.ルージェ・ド・リールが作詞,作曲したもので,最初は「ライン方面軍の歌」と名づけられたが,マルセイユの連盟兵がパリでそれを最初に歌ったので,以後『ラ・マルセイエーズ』と呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラ・マルセイエーズ

フランスの国歌。1792年オーストリアと戦争の際,ストラスブール駐屯の将校ルージェ・ド・リールRouget de Lisleが作詞・作曲。初め《ライン軍に寄せる闘いの歌》と題したが,マルセイユ義勇軍がパリ入城のとき歌ってからこの名になった。1795年愛国歌となり,1879年正式の国歌に制定された。なお旋律を引用した曲にシューマン《二人の擲弾兵》などがある。
→関連項目国歌1812年序曲

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・マルセイエーズ
らまるせいえーず
La Marseillaiseフランス語

フランスの国歌。フランス革命中、1792年4月に革命戦争が始まったとき、ドイツ国境に近いストラスブール市で、市長の要請により、原名『ライン軍軍歌』として、工兵士官ルージェ・ド・リールが作詩・作曲した。これは南フランスにも伝わり、マルセイユ市からの義勇兵たちが92年の夏にパリに広め、この名が生まれた。95年に国歌となったが、復古王政期や第二帝政下に禁止され、1879年、第三共和政時代にふたたび国歌に制定された。[山上正太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラ・マルセイエーズの関連情報