コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッチェル ミッチェル Mitchell, Arthur

16件 の用語解説(ミッチェルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, Arthur

[生]1934.3.27. ニューヨーク
アメリカの舞踊家。ドナルド・マッケイル舞踊団,ジョンバトラー舞踊団を経て,1956年ニューヨーク・シティーバレエ団に唯一の黒人ダンサーとして参加。『アゴン』『夏の夜の夢』のパックなど G.バランシン作品を演じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, Donald Grant

[生]1822
[没]1908
アメリカの随筆家。筆名 Ik Marvel。独身者が結婚,恋愛,友情などについて感傷的に語るという体裁のエッセー集『独身者の空想』 Reveries of a Bachelor (1850) などで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, Margaret

[生]1900.11.8. ジョージアアトランタ
[没]1949.8.16. ジョージア,アトランタ
アメリカの女流作家。『風と共に去りぬ』 Gone With the Wind (1936,ピュリッツァー賞) 一作でその名を知られている。父はアトランタ歴史協会の会長をつとめた弁護士で,南北戦争は一家のお好みの話題であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, Peter Dennis

[生]1920.9.29. ミッチャム
[没]1992.4.10. コーンウォール,ボドミン
イギリス生化学者。ケンブリッジ大学卒業 (1943) 後,助手として母校で研究を続け,1950年学位取得。エディンバラ大学 (55) を経て,グリン研究所所長 (64) 。学生時代から生物のエネルギー変換について研究を進め,61年に生体膜の内部に存在する酵素の1つが,アデノシン二リン酸からアデノシン三リン酸への転換を引起すという「化学浸透圧理論」を発表し,理論の完成に努め,実験を重ねた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, S(ilas) Weir

[生]1829.2.15. フィラデルフィア
[没]1914.1.4. フィラデルフィア
アメリカの医学者,小説家。パリで医学を修め,毒物学,神経学に関するすぐれた業績を残すとともに,文筆にも手を染め,専門を生かして心理分析を中心とした歴史小説を多く書いた。代表作は,独立戦争を背景にクェーカー教徒を描いた『ヒューウィン』 Hugh Wynne,Free Quaker (1897) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, Thomas

[生]1892.7.11. ニュージャージーエリザベス
[没]1962.12.17. カリフォルニアビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の俳優。1913年『あらし』でニューヨークにデビュー。その後『西の国の人気者』 (1921) ,『夜の来訪者』 (1947) ,『セールスマンの死』 (1950) などに主演。1936年以後映画への出演も多く,ジョン・フォード監督の『駅馬車』Stagecoach(1939)でアカデミー賞助演男優賞を受賞した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, Sir Thomas Livingstone

[生]1792
[没]1855
スコットランドの探検家。ナポレオン戦争で測量の経験を積み,1827年オーストラリアのニューサウスウェールズ植民地で測量指導にあたり,35年同植民地の測量図を公刊。 36年 C.スタートの見出したダーリング川を南下してマリー川に達し,次いでポートランドにいたり,そこからビクトリア植民地を横切ってシドニーに戻った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, Wesley Clair

[生]1874.8.5. イリノイラッシュビル
[没]1948.10.29. ニューヨーク
アメリカの経済学者。シカゴ大学で学び,母校で講じ,1902年カリフォルニア大学教授,13年以降コロンビア大学教授 (1944名誉教授) 。この間に全米経済研究所 NBER所長 (20~45) ,フーバー大統領の社会情勢調査会議長 (29~33) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell, William

[生]1879.12.29. ニース
[没]1936.2.19. ニューヨーク
アメリカの陸軍軍人。 1898年アメリカ=スペイン戦争勃発時に,大学を中退し陸軍に志願,以後キューバフィリピンアラスカなどで軍務についた。 1915~16年飛行訓練を受け,第1次世界大戦中の 18年,当時としては史上最大の約 1500機から成る米仏連合航空隊を指揮。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミッチェル
ミッチェル
Mitchell

アメリカ合衆国,サウスダコタ州南東部の都市。ジェームズ川の谷にある。 1879年に鉄道の町として発足し,シカゴ・ミルウォーキー・セントポール鉄道会社の社長の名を取って命名された。トウモロコシの生産,家畜,酪農を中心とする経済から,軽工業とキジ狩猟期のスポーツ中心地に変った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ミッチェル(Margaret Mitchell)

[1900~1949]米国の女流小説家。南北戦争を背景にした小説「風と共に去りぬ」で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミッチェル

米国の女性小説家。ジョージア州アトランタの弁護士の娘。一家が米国の歴史に興味を示し,彼女も南北戦争についての物語を1926年から書き始め1936年に《風と共に去りぬ》として完成,名声を得た。
→関連項目アトランタ

ミッチェル

英国の生化学者。ケンブリッジ大学卒。エディンバラ大学講師などを務めたのち,1964年退職。その後は,英国南西部ボドミンに牧場を買い取り,自宅に設立したグリン研究所の質素な実験室で研究を続けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ミッチェル【William Mitchell】

1879‐1936
アメリカの陸軍少将。空軍創設に力を注いだ先駆者の一人で,第1次世界大戦直後に陸軍,海軍に対する航空戦力の優位と,陸軍,海軍から空軍の独立を主張し,戦略爆撃を提唱した。フランスのニース生れ。1898年陸軍に志願し米西戦争に従軍。1909年陸軍指揮幕僚学校を卒業。15年飛行技術を修得し,第1次大戦中は在フランスのアメリカ陸軍航空部隊指揮官(パイロット)として功績を立てる。21年陸軍航空隊副司令,同年,艦艇を爆撃によって撃沈できることを実験により証明した。

ミッチェル【Wesley Clair Mitchell】

1874‐1948
アメリカの経済学者。景気循環についての実証的研究を行った。シカゴ大学で経済学者T.ベブレンおよび哲学者J.デューイの影響を受け,コロンビア大学などで経済学を教えた。1920年に全国経済調査会National Bureau of Economic Research(NBER)を組織し,45年までその会長を務めた。また戦時産業局物価部主任(第1次大戦中),フーバー大統領の社会趨勢(すうせい)調査会委員長,全国計画局メンバー(1933),全国資源局メンバー(1934‐35)として活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ミッチェル【Mitchell】

〔Juliet M.〕 (1940~ ) イギリスの精神分析医・フェミニスト。現代フェミニズム理論の発展にマルクスとフロイトが不可欠であることを指摘し、大きな影響を与えた。著「女性の身分」「女性―もっとも長き革命」など。
〔Margaret M.〕 (1900~1949) アメリカの女流小説家。南北戦争を背景に情熱的な女主人公を描いた「風と共に去りぬ」を著した。
〔Peter Dennis M.〕 (1920~1992) イギリスの生化学者。生体におけるエネルギー源である ATP 生成の仕組みを研究。1961年、「化学浸透圧説」を提唱、水素イオンの濃度勾配によって生じる膜電位を ATP 合成の原動力として示した。
〔Wesley Clair M.〕 (1874~1948) アメリカの経済学者。制度学派の創始者の一人。アメリカの紙幣史研究と景気循環についての統計的研究で有名。著「景気循環論」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のミッチェルの言及

【空軍】より

…第1次大戦における航空機の活躍に関心をもったイギリスは,資源と予算の効率的使用をも考慮して,18年4月,第3の軍種として空軍を独立させ,敵領土攻撃のための爆撃機と国土防衛のための戦闘機の整備を推進した。1920年代イタリアのG.ドゥエやアメリカのW.ミッチェルなどが,大型爆撃機で敵の軍事,工業,政治の中心を反復爆撃することにより軍需生産を崩壊させ,国民の抗戦意志を挫折させることが可能であり,航空戦力が戦争の勝敗を決定するという空軍万能論を展開した。第1次大戦以来の作戦教訓,航空兵器の進歩は空軍万能論と相まち,従来の陸・海軍支援(協同)作戦とともに独立して行う戦略航空作戦思想を定着させ,逐次イタリア,カナダ,ドイツ(1935年再軍備時)などが空軍を独立させた。…

【景気循環】より

…すなわち景気循環とは,生産物,資金,労働の3市場における物価,利子率,賃金率という価格変数のインフレ率,および産出量,資金量,雇用量という数量変数の成長率に,ほぼ同時的に現れる循環的変動状況であり,それにはある程度安定した1年以上の周期がある(藤野,1965)。これに対してバーンズA.F.BurnsとW.C.ミッチェルは,1947年に次のように定義している。景気循環は,主として私的企業により,その活動を組織する国々での全体としての経済活動にみられる変動の一つの型である。…

【経済予測】より

…その先行―遅行関係を使って,先行的に動く経済量の動きから,それに遅れて動く他の経済量の動きを予測するいき方で,それは原則的に短期予測の手法である。この予測手法はW.C.ミッチェル,バーンズArthur Frank Burnsらアメリカ制度学派の人たちを中心に,その研究が進められてきた。 ここで使われる経済量間の先行―遅行関係は,一つずつの経済量の間の時間的前後関係の代りに,それぞれ複数経済量から成る先行グループ―遅行グループといった,異なった経済量グループ間の時間的前後関係をとることもできる。…

【制度学派】より

…これに加えて,ソーシャル・ダーウィニズムの社会観やプラグマティズムの認識論の影響もあって,アメリカに特有のインスティチューショナリズムつまり制度主義の経済学派が成立したわけである。その先史としては,R.T.イリーやJ.B.クラークといったドイツ歴史学派の洗礼を受けた経済学者の仕事を挙げることができるが,制度学派を確立したのはT.ベブレン,J.R.コモンズそしてW.C.ミッチェルである。この3者の間にも多くの理論的および思想的な違いがあるが,おおまかにくくれば,功利主義的な快苦の心理法則にもとづく個人主義的社会観にかえて,政治的,社会的そして文化的な諸要因との深いつながりのもとに創造され進化していくものとして経済制度をとらえる観点を採用するところに,制度学派の本質がある。…

※「ミッチェル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミッチェルの関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミッチェルの関連情報