コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーテル派 ルーテルハ

デジタル大辞泉の解説

ルーテル‐は【ルーテル派】

プロテスタント最大の教派。1517年ルター宗教改革によってドイツに成立。1555年公認。人は信仰のみによって義とされること、すべての教理は聖書に基づくこと、万人祭司説を主張する。ドイツを中心に北欧に多い。日本には1893年(明治26)から伝道。ルター派教会

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ルーテルは【ルーテル派】

ルターの提唱した宗教改革の諸原理に立つ、ドイツ-プロテスタントの主流。ルター派。ルター派教会。ルター主義。 → ルター

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ルーテル派の関連キーワード地域の茶の間免罪符ルターセリム[1世]マムルーク朝ラテラノ公会議赤松洞松院今川氏親正親町天皇北畠材親

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーテル派の関連情報