ルート認証局(読み)るーとにんしょうきょく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

PKIにおいて、鍵の所有者の身元を証明する最上位認証局PKIでは、公開鍵の所有者の身元を証明するために、認証局からの証明書を利用する。そして一般の認証局からの証明書は、上位に位置する認証局の署名によって正当性が保証されるという階層構造になっている。ルート認証局とは、こうした階層構造のトップ(ルート)に位置する認証局である。ルート認証局の証明書は自身の署名があるだけで、他の認証局の署名によって正当性が保証されるわけではない(これは「自己署名型」と呼ばれる)。ルート認証局は、その証明書が正しいという告知を社会的に行なっている企業(ベリサインや日本ボルチモア、エントラストジャパンなど)が運営している。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

電子証明書を発行する認証局のうち、より上位の認証局によって正当性が保証される階層構造の最上位に位置し、自らの正当性を自ら証明できる認証局。下位の認証局(中間認証局)の正当性を保証する。◇「root certification authority」の頭文字から「RCA」ともいう。また、「ルートCA」ともいう。信頼のよりどころとなるルート認証局の正当性は、厳正な監査や運用実績など、電子証明書以外のもので証明する。⇒認証局

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android