コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルービンシュタイン

百科事典マイペディアの解説

ルービンシュタイン

ルビンステイン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルービンシュタイン
るーびんしゅたいん
Artur Rubinstein
(1887―1982)

ポーランド出身のアメリカのピアノ奏者。20世紀を代表する大家の1人。ベルリンで学び、1900年モーツァルトのピアノ協奏曲をヨアヒムの指揮で弾きベルリンにデビュー、成功を収めた。06年アメリカに楽旅、以後、独奏者として欧米各国で華やかに活動、35年(昭和10)初来日した。39年アメリカ滞在中に第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)、そのままアメリカにとどまり、46年に市民権を得た。戦後もニューヨークとパリを本拠に精力的に演奏活動を続行、74年ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールを創設、76年ロンドン公演を最後に引退、ジュネーブに没した。若いころは技巧家とみられていたが、年とともに造型力を強め、表現も多彩かつ洗練されたものになり、至高の境地に達した演奏家と評された。ショパンを中心に、ロシア音楽、スペイン音楽に独自の芸風を示し、ブラームス、ベートーベンにも定評があった。[岩井宏之]
『木村博江訳『ルービンシュタイン自伝――神に愛されたピアニスト』全二冊(1984・共同通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルービンシュタインの関連キーワードサン=サーンス:ピアノ協奏曲 第2番 ト短調/piano and orchestra(concerto)モンポウ:歌と踊り 第6番/piano soloシェリング(Henryk Szeryng)タネーエフ, セルゲイ・イヴァノヴィチアレクサンダー ガブリリュクエマヌエル フォイアマンエマニュエル アックスラファウ ブレハッチゲルハルト オピッツピアティゴルスキールビンシュタインアシュケナージハイフェッツフォイアマン宇宿真紀子園田 高弘マキシムポリーニ園田高弘

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルービンシュタインの関連情報