コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーベンスの家 ルーベンスのいえ

1件 の用語解説(ルーベンスの家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ルーベンスのいえ【ルーベンスの家】

ベルギー北部の同国第2の都市アントワープにある博物館。アントワープ中央駅から約1kmの場所にある。同地出身の画家ルーベンス(Pieter Paul Rubens、1577~1640年)が家族とともに住んだバロック様式の邸宅で、ルーベンスがイタリアから帰国した1610年11月にこの家を購入し、1640年に死去するまで住居やアトリエとして使用していた。アントワープ市が1937年に購入し、1946年に再建して市立博物館として公開している。ルーベンスは画家としてだけでなく、7ヵ国語をあやつる外交官として、また、建築家、美術品収集家としても活躍した人物である。◇現在、ルーベンスの家(博物館)には、彼の自画像や自作の作品とともに、数多くの美術収集品などを展示している。食堂にはルーベンスの自画像が、居間には彼の代表作である「庭園のアダムとイブ」、「聖アドリアヌスの殉教」などの作品がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルーベンスの家の関連キーワードアントワープアントウェルペンヘントメヘレンジンメルの塔聖グマルス教会Ошアルベール運河スヘルデ[川]ベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルーベンスの家の関連情報