コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レアリザシオン レアリザシオンréalisation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レアリザシオン
réalisation

美術用語。「感覚の表出」の意。一般には,実現,実感の意であるが,美術用語としてはセザンヌの,自己の制作態度の表現である「感覚の実現」に始る。彼は自然の表現を目指すとき,感性を通して純粋に形体化し,感覚をきびしく実現することによって造形的方法を深める。この感覚の実現,すなわち表出こそ,色彩のモデュラシオン (転調) とともに,後期のセザンヌの絵画表現の中核とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レアリザシオン(〈フランス〉réalisation)

実現。成就

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android