レアリザシオン(英語表記)réalisation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レアリザシオン
réalisation

美術用語。「感覚の表出」の意。一般には,実現,実感の意であるが,美術用語としてはセザンヌの,自己の制作態度の表現である「感覚の実現」に始る。彼は自然の表現を目指すとき,感性を通して純粋に形体化し,感覚をきびしく実現することによって造形的方法を深める。この感覚の実現,すなわち表出こそ,色彩のモデュラシオン (転調) とともに,後期のセザンヌの絵画表現の中核とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android