コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レウキッペとクレイトフォン物語 レウキッペとクレイトフォンものがたり Ta kata Leukippēn kai Kleitophōnta

1件 の用語解説(レウキッペとクレイトフォン物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レウキッペとクレイトフォン物語
レウキッペとクレイトフォンものがたり
Ta kata Leukippēn kai Kleitophōnta

2世紀頃のギリシアの作家アキレウス・タチオスの小説。従兄妹同士の2人が恋をして駆落ちし,地中海世界の各地でさまざまな困難に遭遇しながらもくじけず,数々の冒険ののちについに結ばれる。嵐の海での難破と漂流,盗賊,海賊,戦争,奴隷取引,横恋慕,裁判など筋を複雑にするための道具立てがふんだんに使われ,全編がクレイトフォンの語る回想の形で展開し,他のエピソードや寓話,愛に関する議論,絵画の説明的描写なども盛込まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レウキッペとクレイトフォン物語の関連キーワードアキレウスアキレウスの画家ザレウコスディオメデスアキレウスタティオスペンテシレイアアキレア『イリアス』/『オデュッセイア』ハジダキステレフォス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone