コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レウキッペとクレイトフォン物語 レウキッペとクレイトフォンものがたりTa kata Leukippēn kai Kleitophōnta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レウキッペとクレイトフォン物語
レウキッペとクレイトフォンものがたり
Ta kata Leukippēn kai Kleitophōnta

2世紀頃のギリシアの作家アキレウス・タチオスの小説。従兄妹同士の2人が恋をして駆落ちし,地中海世界の各地でさまざまな困難に遭遇しながらもくじけず,数々の冒険ののちについに結ばれる。嵐の海での難破漂流盗賊,海賊,戦争,奴隷取引,横恋慕,裁判など筋を複雑にするための道具立てがふんだんに使われ,全編がクレイトフォンの語る回想の形で展開し,他のエピソード寓話,愛に関する議論,絵画の説明的描写なども盛込まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android