コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道具立て ドウグダテ

デジタル大辞泉の解説

どうぐ‐だて〔ダウグ‐〕【道具立て】

必要な道具をそろえておくこと。また、その道具。
物事の準備をすること。用意。したく。「会の道具立てを整える」
必要な要素や部分。また、それが備わっていること。特に俳優の顔などについていう。「道具立てが備わった二枚目役者」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうぐだて【道具立て】

必要とする道具を取りそろえておくこと。また、その道具。
物事をするに当たっての準備。 「 -に着手する」
身体に備わっている部分。顔などのつくり。 「顔の-がいい」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道具立ての関連キーワードフォード(John Ford(1586ころ―1640ころ))ウェブスター(John Webster)レウキッペとクレイトフォン物語ブライズヘッドふたたびマリー・ド・フランスミーマーンサー学派オトラント城奇譚ジェイジ カー赤い館の秘密ゴシック小説エロチコイセレナータフレミング批判哲学金ぴか物茶会記キッド金襖物正本製作り物

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道具立ての関連情報