コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レウココリネ Leucocoryne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レウココリネ
Leucocoryne

ユリ科レウココリネ属の総称。リューココリネともいう。チリに約5種が自生する球根植物。園芸的にはレウココリネ・イクシオイデス L.ixioidesと,変種のプルプレア L.ixioides var.purpureaが,おもに切り花用に営利栽培される。長さ 30cm前後の葉が根出し,細い花茎の先に5~6花を散形につける。花は6花被片から成り,平開する。イクシオイデスの花は藤青色で,基部に白い輪が入り,プルプレアは紅紫色の輪が入る。花喉部から突き出す黄色い棒状の部分は仮雄ずいである。いずれも芳香がある。 10月頃球根を植付け,無加温のフレームなどで越冬させる。高温多湿に弱い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レウココリネ

リュウココリネとも。南アメリカのチリに原産するユリ科の球根植物で,4種がある。うちレウココリネ・イキシオイデスが,春の切花として栽培される。葉は細長い線形で根生。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

レウココリネの関連キーワードリュウココリネ実生

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android