根生(読み)コンセイ

  • ねおい ‥おひ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 葉や花序が根茎から生ずること。
〘名〙
① 草木などの根が生え育つこと。また、その草木。根つき。
※暁月夜(1893)〈樋口一葉〉一「根生(ネオ)ひのばらの花」
② 江戸時代、その村に生まれ、自己の田畑を持っていた自作農。草分。旧家。
③ 転じて、生まれた土地で成長したもの。また、代々その土地で業を営むもの。土地っ子。はえぬき。
※浮世草子・立身大福帳(1703)三「所に根おひの能衆と参会しても、不作法をも見とがめられず」
※春迺屋漫筆(1891)〈坪内逍遙〉壱円紙幣の履歴ばなし「フト聴けば東京根生(ネオヒ)の人かと思はるるまでに」
④ うまれつき。うまれついての家柄。家筋。素姓(すじょう)
※俳諧・毛吹草(1638)五「根生(ネオヒ)より大名竹の子共哉〈意敬〉」
⑤ 歌舞伎で、その土地に先祖代々住み、常にその土地で人気を得ている役者。根生役者。
※評判記・役者口三味線(1699)京「京大坂にて此人立役のねおいにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android