コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ

栄養・生化学辞典の解説

レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼ

 [EC2.3.1.43].ホスファチジルコリンアシルトランスフェラーゼともいう.レシチンの2位のアシル基コレステロールの3位のヒドロキシル基に転移する反応を触媒する酵素.血漿中に存在する.HDLに結合してHDLの中のコレステロールをエステル化してLDLに渡す作用をする.その際アポリポタンパク質 A-I または C-I が酵素活性を促進する.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

レシチンコレステロールアシルトランスフェラーゼの関連キーワードコレステロールアシルトランスフェラーゼ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android