レズビアン

百科事典マイペディア「レズビアン」の解説

レズビアン

女性を恋愛の対象とする女性のこと。レズビアンの語源はレスボス島に由来する。前6世紀ころ,そこにはサッフォーをはじめとする女性詩人たちが住み,女性同士の愛を謳っていたという。しかしその後の長い歴史の中で,女性同性愛の存在は記録にとどめられることが少なく,もっぱらそのイメージだけが横行してきた。すなわち,レズビアン女性たちの現実から遠く離れたところで,異性愛男性の娯楽のために,文学,絵画,ポルノグラフィーによって空想的・煽情的に描かれてきたのである。こうしたステレオタイプに対して,同性愛女性が自分たちの手でつくりだしてきた文化のことを,今日ではレズビアニズムもしくはサッフィズムと呼んでいる。1960〜1970年代に始まったウーマン・リブレズビアン・ゲイ解放運動の中で,レズビアンという言葉はむしろ,同性愛女性があえて引き受け,肯定的な意味に作り替えていく言葉になった。→レズビアン連続体
→関連項目ゲイ精子銀行同性愛ミレット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

とっさの日本語便利帳「レズビアン」の解説

レズビアン

レスボス(Lesbos)島▼エーゲ海北東部の小アジア沖にあるギリシャ領の島で、ミティリーニ島別名でも知られている。紀元前六世紀の女流詩人サッフォーはこの島で生まれ、生涯の多くをこの地で暮らし、えり抜きの優秀な若い女性たちに詩の技法を教えた。しかし彼女はその弟子たちと同性愛にふけり、失恋の末、岸壁からイオニア海身して死んだと伝えられ、「lesbian」という語は女性の同性愛を意味するようになる。しかし、女性の同性愛とレスボス島の関連はあくまで伝承である。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android