コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レソス Rhēsos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レソス
Rhēsos

ギリシア神話の英雄。ステュルモン川の河神と,ミューズの一人との交わりから生れ,トラキアの王となった。雪のように純白で,風のように速い2頭の駿馬の持主として知られる。トロイ戦争の 10年目にトロイ方に味方として来援したが,到着したその日だけ,武勇を発揮してギリシア軍の心胆を寒からしめ,その夜トロイ軍の陣営に忍び込んだオデュッセウスディオメデスに打取られたとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レソスの関連キーワードテオフラストスエウリピデスレスボス島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android