コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レニン-アンギオテンシン系

1件 の用語解説(レニン-アンギオテンシン系の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

レニンアンギオテンシン系

 血圧制御機構の一つで,腎臓から分泌されるタンパク質分解酵素レニンと,血中にあるその基質アンギオテンシノーゲン(レニン基質)とが血圧を調節する系.レニンはアンギオテンシノーゲンに作用してアンギオテンシンIを生成し,これがアンギオテンシン変換酵素の作用でアンギオテンシンIIに変化して血圧上昇をもたらす.アンギオテンシンIIはさらにアンギオテンシンIIIに変換される.アンギオテンシンIIIはナトリウムの再吸収を促進し,アルドステロンの分泌を促進する.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レニン-アンギオテンシン系の関連キーワードアドレナリンカルナウバろうキモトリプシンモノ卵胞刺激ホルモン胃酸鉱質コルチコイド分泌物腎性高血圧分泌液

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone