コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レニン-アンギオテンシン系

栄養・生化学辞典の解説

レニンアンギオテンシン系

 血圧制御機構の一つで,腎臓から分泌されるタンパク質分解酵素レニンと,血中にあるその基質アンギオテンシノーゲン(レニン基質)とが血圧を調節する系.レニンはアンギオテンシノーゲンに作用してアンギオテンシンIを生成し,これがアンギオテンシン変換酵素の作用でアンギオテンシンIIに変化して血圧上昇をもたらす.アンギオテンシンIIはさらにアンギオテンシンIIIに変換される.アンギオテンシンIIIはナトリウムの再吸収を促進し,アルドステロンの分泌を促進する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android