レバーペースト

デジタル大辞泉 「レバーペースト」の意味・読み・例文・類語

レバー‐ペースト(liver paste)

牛・豚・鶏などの肝臓レバー)をゆでて裏ごしし、調味したもの。パンに塗ったりカナッペに用いたりする。
ソーセージの一。豚・鶏・ウサギなどの肝臓をすりつぶし、調味して腸などに詰めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「レバーペースト」の意味・読み・例文・類語

レバー‐ペースト

〘名〙 (liver paste) 牛・豚・鶏などの肝臓をゆでて裏ごしし、玉ねぎ・調味料・香辛料バターなどを加えて練ったもの。パンなどに塗って食べる。
※エオンタ(1968)〈金井美恵子〉六「Pの好きな果物とレバーペースト、紅茶ピースの缶が入っている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典 「レバーペースト」の解説

レバーペースト【liver paste】

牛・豚・鶏などの肝臓を加熱してすりつぶし、調味したもの。パンに塗って食べることが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のレバーペーストの言及

【ペースト】より

…魚肉,レバー,トマトなどをすりつぶして柔らかく滑らかにした食品。例えばレバーペーストは,牛や鶏,豚のレバー(肝臓)をゆでて裏ごしし,バター,香辛料,調味料などを加えて練る。パンに塗って,そのまま食べたり,オードブルのカナッペなどに使う。…

※「レバーペースト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android