コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レヒツシャイン Rechtsschein

1件 の用語解説(レヒツシャインの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

レヒツシャイン【Rechtsschein】

ドイツ法における理論である〈法外観の理論Rechtsscheintheorie〉にいう法外観をさす。〈法外観の理論(外観理論外観主義ともいわれる)〉とは,真実と異なった法的外観がある場合に,その外観を作りだした者になんらかの責任があるときは,その者よりも,その外観を信頼して行動した者を保護すべきだという理論である。英米法における禁反言(エストッペル)と近似しており,取引の安全を保護する機能を持つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone