レヒツシャイン(英語表記)Rechtsschein

世界大百科事典 第2版の解説

ドイツ法における理論である〈法外観の理論Rechtsscheintheorie〉にいう法外観をさす。〈法外観の理論(外観理論外観主義ともいわれる)〉とは,真実と異なった法的外観がある場合に,その外観を作りだした者になんらかの責任があるときは,その者よりも,その外観を信頼して行動した者を保護すべきだという理論である。英米法における禁反言(エストッペル)と似しており,取引の安全を保護する機能を持つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android