コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禁反言 キンハンゲン

デジタル大辞泉の解説

きん‐はんげん【禁反言】

人が自由意志に基づいて行った自分の行為、または捺印(なついん)した証書に反した主張をすることを禁止すること。取引の安全のために重要な意味をもつ、英米法法理。禁反言の原則。エストッペルの原則。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

禁反言【きんはんげん】

エストッペル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きんはんげん【禁反言】

ある事実の表示に基づき他人が行動した場合、表示を行なった者は、それを翻すことができないこと。取引の安全を保護するための英米法の法理で、日本法にも同様の考え方がみられる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の禁反言の言及

【エストッペル】より

…禁反言と訳されている英米法上の法理。この言葉には,さまざまの用法があるが,実際に最もしばしば問題になるのは,〈法廷外の行為による禁反言estoppel in pais〉あるいは〈エクイティ上の禁反言equitable estoppel〉とよばれる場合である。…

【代理】より

…第1に,本人が第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した場合には,実際にその他人に代理権が与えられていなくても,その他人が代理人として行った行為の効果は本人に帰せられる(民法109条)。これは,自己の先行する言動に反する主張をすることは許されないという禁反言(エストッペルestoppel)の法理の適用である。表見代表取締役や表見支配人の行為による責任(商法262,42条),名板貸(ないたがし)による責任(23条)なども同じ趣旨の制度である。…

※「禁反言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

禁反言の関連キーワードレヒツシャイン南シナ海問題禁反言の法理消費者契約禁反言則名板貸考え方表示事実他人

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android