コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レフォルマ油田 レフォルマゆでんReforma

世界大百科事典 第2版の解説

レフォルマゆでん【レフォルマ油田 Reforma】

メキシコ南部,タバスコ州の州都ビジャエルモサ周辺では,1957年に第三紀中新世砂岩を油層とする油田が発見された。その後,掘削技術の進歩により71年に着手された深掘りの結果,その翌年に2試掘井において白亜系(一部ジュラ系)の石灰岩油層の発見に成功した。この層から生産している25油田の総称がレフォルマ油田で,70km×100kmの産油面積をもつ超巨大油田群である。レフォルマ油田の究極可採埋蔵量はあまり正確ではないが,70億バレル以上と推定される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レフォルマ油田
れふぉるまゆでん
Reforma

メキシコ南部、メキシコ湾岸近くの油田群。タバスコ州の州都ビジャエルモサ付近に位置し、なかにベルミュデス、カクタス、シティオ・グランデなどの大油田がある。同地方は以前より浅い地層から石油を産出していたが、1972年の深度約5000メートルにある油層の発見により、メキシコは一躍中東に比べられる石油の大生産国となった。坑井当り平均日産量は約1000キロリットルで、なかには約4000キロリットルも産出する採油井もあり、その産油能力は非常に大きい。同油田群からの原油をブレンドした原油をイスムス原油という。[田中正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レフォルマ油田の関連キーワードメキシコ湾岸油田