コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レミス制度 レミスせいどremiss institution

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レミス制度
レミスせいど
remiss institution

スウェーデンの重要な政治的意思決定・合意形成手法の一つで,議会本会議に先立つ各委員会での法案審議において,その法案に利害関係を有する利益団体行政機関に,一種の意見上申書の提出を求めること。委員会が認めれば基本的にあらゆる団体や機関がこの制度を利用して意見を表明することができる。類似の制度は北欧諸国一般に見られる一方,ドイツ,オーストリアでは主要な利益団体に対し関係法案への事前の意見具申権や立法・行政機関への提案発議権,行政事務上の協議権などが認められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レミス制度の関連キーワードスウェーデン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android