レムセン(読み)れむせん(英語表記)Ira Remsen

日本大百科全書(ニッポニカ)「レムセン」の解説

レムセン
れむせん
Ira Remsen
(1846―1927)

アメリカの有機化学者。ニューヨークの生まれ。コロンビア大学で医学を学んだが、化学を志してミュンヘンゲッティンゲンに留学。1870年学位を得たのち、フィティッヒ助手としてチュービンゲン大学でスルホトルエンの酸化を研究した。1872年帰国してウィリアムズ大学教授、1876年新設のジョンズ・ホプキンズ大学の化学教授となり、実験研究による大学院教育を実施、1901~1913年総長を務めた。1879年ファールベルクとともにサッカリンを合成、また同年化学雑誌『American Chemical Journal』を創刊、1913年まで編集を続けた。同年に引退後、スタンダード石油会社の顧問。著書『理論化学の原理』(1876)は広く読まれた。

[内田正夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android