コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンズシャッター レンズシャッターlens shutter

3件 の用語解説(レンズシャッターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

レンズ‐シャッター(lens shutter)

カメラの、レンズのすぐ近くについているシャッター。ふつうレンズ部に組み込まれ、金属板のシャッター羽根を開閉して露光する。→フォーカルプレーン‐シャッター

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

レンズシャッター

 コンパクトカメラや、大型カメラ用のレンズに採用されているシャッターの方式。レンズの中間や前後部に設けられた露光機構のこと。2~5枚の薄い金属板でできた羽根が瞬間的に開閉して決められた光量をフィルム面に当てる。

出典|カメラマンWeb
カメラマン写真用語辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

レンズシャッター

lens+shutter〕
カメラのレンズ部に組み込み、金属製の羽根を開閉させて露光を行う方式のシャッター。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のレンズシャッターの言及

【カメラ】より

…このころから野外で使用するフィールドカメラと室内専用のスタジオカメラの区別が生ずる。70年代以降乾板の発明,その高感度化に伴い,穴をあけた木や金属板を落下,あるいはばねなどで作動させるギロチンシャッターや,後述のフォーカルプレーンシャッター,レンズシャッターといった基本的なシャッター方式がすべて開発された。88年,G.イーストマンは紙をベースにしたロールフィルムを用いるボックスカメラ,コダックを発売,ロールフィルムが本格化するとともに,1912年,イーストマン・コダック社(略称コダック社)から発売されたベスト・ポケット・コダック(日本では単レンズ付きのものがいわゆる〈ベス単〉の愛称で親しまれた)は大量生産された最初のカメラで,世界的ベストセラーとなった。…

※「レンズシャッター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone