レーザープリンター(読み)レーザー プリンター

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

レーザープリンター

レーザー光を利用して印刷するプリンターページプリンターの一種で、レーザービームプリンターと呼ぶこともある。レーザーで感光ドラム印刷物の像を作り、そこにトナーを付着させて紙に焼き付ける。家庭で使用さているインクジェットプリンターに比べると、印刷速度が速く、より鮮明に印刷できる。低価格化が進み、モノクロ・レーザープリンターは家庭やSOHOで使用されるようになってきた。また、4色のトナーを使うカラー・レーザープリンターも普及が進んでいる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

レーザープリンター【laser printer】

円筒形の感光体にレーザー光を照射してトナーを付着させ、それを紙に転写することにより印刷を行うプリンター。一般的にインクジェットプリンターに比べ、高速で高品質な印刷ができるが、大型で消費電力が大きい。◇「レーザービームプリンター」「LBP」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

レーザープリンター【laser printer】

レーザー光によって電子写真をつくり、コンピューターなどの出力を印刷する装置。高速で鮮明な印刷を行うことができる。 LP 。 LBP 。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

レーザー‐プリンター

〘名〙 (laser printer) レーザー光線で感光ドラム上に文字・図形を描き、現像されたそれらの像をトナーで普通紙に転写する印刷機。高精細な像が、高速に得られる。〔マイコンによる知的生産の技術(1981)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のレーザープリンターの言及

【入出力装置】より

…ノンインパクトプリンターnon impact printer用紙に活字やハンマーを打ち付けることなしに印字するプリンター。レーザープリンター,感熱プリンター,熱転写プリンター,インクジェットプリンターなどが代表的な方式であり,1990年代にはインパクトプリンターをおさえて主流になっている。いずれも機構が比較的簡単で比較的騒音が小さい。…

※「レーザープリンター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レーザープリンターの関連情報