レーザー内視鏡(読み)レーザーないしきょう(英語表記)laser endoscope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー内視鏡
レーザーないしきょう
laser endoscope

レーザーメスがついた内視鏡で,病像を確認しながら同時にレーザーメスにより切開や止血を行うために開発された器具。レーザーは高いエネルギーを持ち,しかも光ファイバによる伝達が可能であり,肝臓などの出血を起しやすい臓器に効果を発揮する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のレーザー内視鏡の言及

【レーザーメス】より

…Nd‐YAGレーザーも,組織を凝固させるので,止血効果がよく,出血量を外科メスの半分以下に抑えることができる。また内視鏡に応用したレーザー内視鏡も開発され,気管,気管支,消化管,膀胱などにできた腫瘍を焼灼,蒸発させることなどに用いられている。メス【小野 美貴子】。…

※「レーザー内視鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android