レーザーメス

  • laser knife
  • laser mess
  • laser scalpel

大辞林 第三版の解説

laser+オランダ mes
レーザー光の熱エネルギーを用いて外科的手術や体内部器官の腫瘍しゆようの焼灼しようしやく・蒸発を行う装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レーザー光は単一波長のため,拡散度が少なく,密度が高いので高エネルギーをもつ。この特性医学的に応用したものがレーザーメスで,光線のもつ熱エネルギーで組織を切開するものである。レーザーの医学への応用は,1963年のルビーレーザー光を用いた網膜光凝固法が最初で,70年以後,アルゴンレーザーが実用化されてから,光凝固もアルゴンレーザーが用いられるようになり,他の領域でもメスとして用いられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レーザー光線の作用を利用したメス。数十Wの CO2 レーザー,アルゴンレーザー,YAGレーザーなどの連続波レーザー光を金属パイプや光ファイバなどを通して手術野に導いて,組織に光照射を行うと,組織が切開されると同時に組織の血管は熱のために凝固して,出血が止る。そのため,いわゆる無血手術を行うことができる。こうした無血手術を目的とするレーザーメスは外科手術に実用化されつつある。から出血しているときに,胃ファイバースコープを通じて出血部にレーザー光を当てて止血したり,皮膚あざにルビーレーザーなどのパルスレーザー光を瞬間的に照射してこれを吹飛ばしたり,虫歯にレーザー光を当ててそこを溶解してなおしたりする試みもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (洋語laser+mes) レーザー光の破壊力を利用したメス。切除手術に用いられ、血液を凝固させるので止血効果もある。〔十年後(1983)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のレーザーメスの言及

【医用電子機器】より

…最近は,速中性子線,陽子線やγ線,さらに,重イオン粒子線などのいわゆる高LET放射線が研究応用され,癌治療へ大きく寄与しつつある。 また,レーザー光の強力なエネルギーを利用して,生体組織を切開したり,あるいは組織や血液の凝固を行うレーザーメスやレーザーコアグレーターが開発され,各種疾患の治療に利用されている。 生体機能を補助あるいは代行する装置はいわゆる人工臓器とよばれるもので,脳,胃および一部の内分泌器官を除いた生体のほとんどすべての臓器の人工化が研究され,その一部は臨床応用されて,従来は絶望的であった患者の生存,さらに社会への復帰に貢献している。…

【レーザー】より

…網膜剝離に対しレーザーを用いると瞳孔を通して眼底の手術ができ,すばらしい治療効果をあげている。また外科用のレーザーメスは切開と同時に血管凝固による止血が行われ,無接触で手術ができる。出力10~100WのYAGレーザーや炭酸ガスレーザーが用いられる。…

※「レーザーメス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android